2010年04月17日

日本酒で世界と繋がる

新年にこんなことを掲げてしばらく何もしていなかったけど、
最近ちょっとずつ動きがでてきた。

世界ってなんだって感じだけど・・・
ただ漠然と日本酒が色々なものに繋がると思った。
日本酒がもっともっと飲まれるようになって、それを目当てに外国の人が
日本にくるようなときがきて、蔵でも地元の人が働いていて・・・
良い日本酒をつくるために良い米や良い水をとろうとし、
そのためにいい森を維持しようとする。
そうするとまた良い風景が残る・・・
よく分からないけどぐちゃぐちゃ考えている。


きっかけは「降りてゆく生き方」という映画。
その映画で発酵道という本を知り日本酒の奥深さに感銘をうけた。

作り手はもちろん、米や水の質が重要な要素。
これまでもものづくりや森や心理や・・・色々と興味がうつったけど・・・
そしてビジネス。

”いいこと”をして生きていきたいな〜という漠然とした思いを抱きながら
社会企業なんていわれるものに興味をもったり。

でも結局、目の前のことから目を逸らして”いいこと”って言ってみたところで
なんか嘘っぽさを感じてしまった。
自分に余裕があってはじめて人のためにとか言える。

なんだかんだで”いいこと”を目の前のことを一生懸命やらない理由に
していた気がする。今もか・・・

話がズレまくっている気がする。。。

日本酒をもっと知りたい。今はただそれだけだ。
とりあえず明日は朝から天覧山に行ってくるのだ!

午後は去年も行ったアースデイ いのちの森へ行こうと思う。
ワールドシフトってなんやねん?新しい宗教か?
と最初思った。
とにかくこれからの地球と人類のことを一生懸命考えている人たちなんだと思う。
今ある制度や枠組を全部とっぱらって考えるわけだから果てしない。
それこそ小さいとき「死んだらどうなるんだろ〜」って考えると気が遠くなって
恐ろしくなった感覚に似ているのかもしれない。
前はそんなこと結構考えてたけど、サラリーマンをずっと続けていると
そんなこと考えるなら今をがんばろうって思考になっちゃうんだ。

けど今は夢一杯だ
全部がんばろ

posted by wooz at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。