2010年03月28日

一歩を超える勇気

栗城史多さんという27歳の若き登山家がそんな本を出してます。すごいな〜。単独無酸素で8000メートルの山とかのぼっちゃうそうです。きっかけは全てはその彼女のため!ぐらいの勢いで付き合ってきた人になけなしの貯金をはたいてやっとこさ手に入れた車でのデートの最後に「二年間つきあってきたけど、あなたのことあまり好きじゃなかったの」と言われ…残酷すぎる…その彼女が趣味にしていた冬山の登山…だったらオイラも!みたいな勢いで。そんな始まりもありか。超庶民的。


夢はきっと叶う!そんなメッセージをみんなに伝えたい、そんな思いを抱きながら彼は山に挑み続けている。

彼の信条は「一生懸命に生きる、弱音をはかない、この世を去る時にありがとうと言えるような人になる」というもの。


やりたい事、やるべき事、やった方がいい事…一杯あって大変。。。ひとつずつひとつずつ。夢に仕事に恋に…全部に本気で取り組まねば後悔しちまう。
posted by wooz at 03:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。