2010年05月23日

共通点はつくるもの

Mrブルーサンデーです。こんにちわ


おもしろい記事をみつけた。「共通点はつくるもの」。

恋愛系の話だった。


恋愛初期は共通点があると「これって運命かも!」みたいに盛り上がるけど、そんな熱もすぐ冷めるもの。

かえって共通点が少ない片想いからのスタートからの方が頑張れるってもんだぜ

人の心なんてほんところころ変わるんだ。


だからこそ一人の人を見続けるって大事なんじゃなかろうか。


思わしくない現実を嘆いていても、事態は変わらず時間は過ぎてく訳で。だったら今できることを精一杯やろうよ、と。


相手の気持ちをはかろうとしたところで、大事だけど所詮は想像するしかない訳で。だったら自分のできる大事に思う、ってことをやっていこうよと。


そう。それで共通点はつくれるもんなんだ。


関係は育むものなんだ。きっと。


さ、おいらは愛しのがじゅ子との関係を毎朝?の水やりで育むかな…
posted by wooz at 23:19| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛露喜

「薄っぺらいねぇ。こんな薄い味じゃあ、勝負できません。ほかにも似たような酒はたくさんありますからね。もっと廣木さんらしさを表現してみてください。」

今でこそ超人気銘柄である飛露喜にもこんな時代があった。


「自分とこみたいな小さな蔵が他と同じようなことしてたんじゃ勝てっこねぇ」

杜氏が去ったり、父の死、周囲の批判など幾多の困難を乗り越え、今の多くの人を魅了してやまない味ができている。味わいか。


ドラマちっくじゃありませんか。人もおんなじですね。味わいのある人間になりたいです
posted by wooz at 22:38| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旨い酒にはドラマがある

自分としてはひと山越えて、ちいさな目標も達成したらなんか一気に気が抜けた…。

久しぶりになんくるにも行ってしこたま飲んだり。ずっと喧嘩してた人と酒で仲直りしたり。憧れの地酒の名店に入ることができたり…。一気に酒浸り…。まぁいいことなんだけど。溺れるのはよくない。


酒ってあってもなくてもいいものの代表かもしれないけどそれに救われてる人がどれだけいるだろう。芸術、音楽、ファッション?そういったものと同じなんじゃないだろか。やっぱ必要なんだ。

酒で身を滅ぼしちゃう人もいるけど。


酒は飲んだら消えてしまうけど、その時語ったことや、一緒に過ごした人との時間や、感動はずっと残るし蓄積されていく。

旨い酒には一層そんな力が宿る。

下戸の人には分からないかもしれないけど…。


「旨い酒にはドラマがある。心を熱くする逸話がある。」


自分にとって大事なものってそういうドラマなんじゃないか。

世間じゃ国家だとか民主主義だとか株が上がった下がったでやんやしてるけど。
そんなものは作られた考え方で。

信じられるのは自分の心が感じたことだけだ。

そうだ、ドラマの主人公に会いに行こう

posted by wooz at 21:19| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。